宮城県仙台市を中心に活動するライフプランナー|お気軽にご相談下さい。

生活設計・人生設計についてのご相談・お問わ合せを、お受けしております。

022-375-7432 受付時間 9:00~18:00

TEL/MAIL

資産運用のすすめ

資産運用のための3つのポイント

ポイント1 資産配分

資産運用は同じカゴには乗せずに、例えば3つのカゴ(現預金、株などの証券、不動産)に分割してリスクを分散するのが安全と言われています。

3つのカゴに分ける資産配分(ポートフォリオ)は、リスクを分散できる一つの考え方であり、安定資産と積極資産のバランスも重要です。

生活資金であれば、すぐに使えるお金で現金や引き出しやすい預金などの換金性の高い商品での運用を考えましょう。
また教育資金や住宅資金など使用予定のある資金は、安定性や確実性を重視し定期預金などの運用を検討しましょう。
株などの証券は、投機性がありリスクがありますから余裕資金を割り当てましょう。

資産をどのように創り出すか、又蓄えた資産をどのように活用するか、自分自身やご家族のライフイベントに添って計画してみましょう。

■資産配分(ポートフォリオ)

ポイント2 リスク対策

資産運用にあたっては、大きな金額を貯めてから投資するよりは若い時代から株や投資信託、外国債券に少し投資をして、視る目を養っておきましょう。

株や投資信託などの証券については、リスクをしっかり把握しご自身のリスク許容度の度合いを確認して適性かどうかチェックしておきましょう。

商品選択にあたっては、運用の目的、期間、リスク度合い、利回りや、手数料、運用管理費などもよく理解してから、効率よく運用できるか専門家とも相談し良く見極めましょう。
また保険など、万が一の生活を保障するお金も大切な資産と考えられますので保険を活用することをおすすめします。

母子家庭となった場合の生活資金としての生命保険、教育資金としての学資保険、老後資金としての個人年金や確定拠出年金など将来の夢の実現に向けてのプランニングも欠かせません。

ポイント3 自分自身への投資

教育、健康、教養、趣味、生きがい、などの無形の資産にもどのように投資するか計画することが豊かな人生になるかの選択ポイントとも考えられます。

ご自身を一つの資産と考えてそれへの投資を検討することも重要です。
体が資本ですから、健康管理のためのジム通いやスポーツやアウトドアで汗を流すことも必要です。

自分磨きのために教養講座への参加や趣味を深耕したり増やしたりすることも仕事のストレス発散にも有効です。

これらは定年後から始めることもあるかもしれませんが、出来れば子育て時代から子供と一緒に遊べると一石二鳥です。

早いにこしたことはありませんので、余暇チャレンジ計画を早めにプランニングすることをお勧めします。

ライフプラン事例

自分の資産をどう創るか、どう活かすか?そんなお悩みのあなたの為に、資産運用に関する考え方を紹介します。

資産運用について

お問い合わせ・ご相談
Contact us

生活設計・人生設計に関する
ご相談はプロにお任せ下さい!

お電話でのお問い合わせ・ご相談 022-375-7432 受付時間 平日 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ・ご相談

ページの先頭に戻る
Copyright © Yuyama All Rights Reserved.